M's Graffiti 〜ミミの楽描き帖〜

フリーランス・デザイナーMimiのゆるゆると描きためたものや作ったモノを配信してます。 たまに日常の雑記的なことも書いてます。最近はゼンタングルにハマってます。

CZT(ゼンタングル認定講師)セミナー、つまりはアメリカへ行くためにしなければいけないこと

スポンサーリンク

CZTセミナーの申込み完了。

飛行機のチケットも購入!

いざ!アメリカへ!

…といきたいところですが、まだ色々と準備しなければいけないことがあります。

f:id:m-graffiti:20170818175030j:plain

 

まずはパスポート

当たり前といえば当たり前ですが、パスポートの準備。

有効期限を必ず確認しましょう。

渡航先により残存有効期間が異なるのですが、アメリカ合衆国の場合は、

  • 帰国時まで有効
  • 入国時90日以上が望ましい

そうです。(2017年8月現在の情報です)

 

ただ、ちょっと注意しておきたいのが、もし他の国を経由して行く時。

アメリカへ行く時に他の国で乗り継いで行くことはあまりないとは思いますが、もし他の国で乗り継ぐ時は、その国のパスポートの必要残存有効期限を確認しておきましょう。

(乗り継ぐだけでその国に入国しなければ問題ないですが)

ビザは必要?

アメリカは90日以内の観光であれば、ビザ(査証)は必要ありません。

ただ、ESTA(電子渡航認証システム)の登録が必要です。

アメリカへ行くにはESTAの登録が必要

2009年から、ビザが必要なくても、ESTA(エスタ)の登録が義務化されました!

知ってました?

たまたまアメリカに行った友人から聞いて知っていたので、事前に申請できましたが、万が一ESTA(エスタ)に登録申請していなかったら、パスポートや航空券があっても、最悪アメリカへ行けない可能性がΣ(Д`|||ノ)ノ

インターネットで申し込みできるので、空港で申請手続きすることもできますが、直前に慌てたくないですからね。

ESTA(エスタ)の申請はインターネットから

ESTA(エスタ)はウェブ上で申し込みできます。

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

 

ちなみにESTAはElectronic System for Travel Authorizationの略で、アメリカの電子渡航認証システムという意味らしいです。

 

ESTAの申請については、アメリカの大使館に詳しく載っています。

jp.usembassy.gov

 

ESTAの申請ページを開くと英語ですが、右上の言語メニューから日本語を選ぶこともできますよ。

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

 

↑ここから行くと、日本語のESTA(エスタ)申請ページが表示されます。

 

ESTA(エスタ)の申請には14ドルかかります。(・_・;)

あ、支払いはクレジットカードでした。

クレジットカードも用意しておきましょう。

そしてESTA(エスタ)の有効期限は2年間です。

 

申請から登録・承認まで割とすぐできましたが、長い時は72時間かかることもあるそうなので余裕を持って申請しましょう。

 

もし、自分で登録するのが難しい場合は旅行会社などでも代理で申請してくれるそうです。ただその場合は時間がかかると思うので、どれくらいかかるのか確認しておくいいと思います。あと申請手数料も。

 

ESTA(エスタ)に登録したあとは、申請番号を控えておくか、申請許可のページをプリントして持って行くと安心です。

渡航時に空港では、

「エスタの申請はおすみですか?」

と聞かれただけで、特に何かを見せなければいけなかったりとかはなかったです。

ESTA(エスタ)登録時に、パスポート番号、生年月日、パスポートの発行日と有効期限なども入力するので、多分パスポートに紐付けされているのかなと。

ただ、万が一とゆーこともあるので、プリントアウトしたものを持っていた方がいいと思います。

USドルも両替しておきましょう

あとは、必要な分のUSドルも用意しておけば準備万端。

両替に行く時間がない場合も、空港で外貨両替できますよ。

 

結構、いろんなところでカードが使えたので(さすがカード社会)そんなに現金は必要ないかなと。

ただ、チップが必要なので、なるべく1ドル紙幣を用意しておく方がいいと思います。

ゼロからの英語やり直し教室New Beginning

あとは荷物を準備すればOK

  • パスポート
  • ESTA(エスタ)
  • アメリカドル
  • 航空券&ホテルのチケット

これらが用意できてようやくアメリカに出発できます。

あとはもう必要な荷物を準備して、出発までワクワクして待つだけですヾ(*ΦωΦ)ノ