M's Graffiti 〜ミミの楽描き帖〜

フリーランス・デザイナー&北陸初?CZT(ゼンタングル認定講師)Mimiのゆるゆる楽描き帖・ときどき英語?

【英語】年賀状では「Happy New Year」にAはつけないんです

スポンサーリンク

f:id:m-graffiti:20170106154733j:plain

たまたま昨日見ていたテレビで、日本人の使うおかしな?間違った英語で出てきた、

「A Happy New Year!」は変だよ。

 

つけてもつけなくても良いくらいにしか思っていませんでしたが、そうなんだ!とちょっとびっくりしました。

英語圏ではクリスマスと新年の挨拶を一緒にする

英語圏ではクリスマスと新年の挨拶を同時にすることもあり、

『Merry Christmas and a Happy New Year』と表いうそうです。

これを、『Merry Christmas』と『a Happy New Year』という風に誤解していったのではないかと。

どうして『A』はつかない?

日本では割と使われることの多い『A Happy New Year”』。

年賀状に書く場合には『A』はいらないという事実。

年賀状素材にも『A Happy New Year”』となっているものもあるのに、なぜ『A』はいらないんでしょう?

 

日本経済新聞社とピアソン社が共同開発! GlobalEnglish 日経版

単体で使われる時は間投詞になるので冠詞はいらない

間投詞・・・習ったような気もするけど覚えていないな・・・(^^;)

間投詞・Interjection

英語を話す上での潤滑剤となるのがこの間投詞です。
感動、応答、呼び掛けを表し、活用がなく、単独で文になり得る語です。
主語、述語、修飾語になることも、他の語に修飾されることもなく、
間投詞、感動詞、感嘆詞、嘆詞とも言います。

間投詞・Interjection1 - 誰でも簡単に楽しく!英語・英会話力向上より)

 感嘆詞は記憶にあります!

感情を思いっきり表現するときのですよね。

 

わかりやすいのは

『Happy Birthday !』とか『Merry Christmas !』でしょうか。

どちらも『A』はつけないですね。

 

冠詞は、なんらかの意味の限定をするときに使うものなので、名詞単体で使う時は冠詞はつけなくても良いんです。

 

英語学習ならThe Japan Times On Sunday

文章になると『A』は必要

えぇ〜( ̄△ ̄;)?

クリスマスになるとよく聴こえてくる歌『We wish you a Merry Christmas』。

この歌詞を改めて見てみると、

 

We wish you a Merry Christmas,
We wish you a Merry Christmas,
We wish you a Merry Christmas,
And a Happy New Year.

 

となってますね。

ここでは『a Merry Christmas』と『a Happy New Year』となってますね。

 

実は、これは『We wish you』の後に出てくるので冠詞の『A』がつくんです。

 

『We wish you』で「あなたに…を祈っています」という意味なので、ここの「…」に入るのは「名詞」になるからです。

「名詞」として使われていて、なおかつyear が可算名詞なので原則冠詞が必要なんですね。だからこの歌詞では『A』がついているのです。

ややこしい。

 

まぁ、単体で使うなら『A』はいらない。

文章の中に出てくるなら『A』が必要。

 

と思っておけば良いでしょうか。

実際文法的にはもっと複雑な気もしますが・・・

丸暗記が楽ですね(笑)

 

「新年おめでとう」は『Happy New Year !』。