M's Graffiti 〜ミミの楽描き帖〜

フリーランス・デザイナー&北陸初?CZT(ゼンタングル認定講師)Mimiのゆるゆる楽描き帖・ときどき英語?

【英語】「どうぞご自由に」や「ご遠慮なく」は英語で“Be my guest.”

スポンサーリンク

f:id:m-graffiti:20181012103412j:plain

“Be my guest.”という表現

“Be my guest.”

 

・・・

「私のお客様(ゲスト)になってください・・・?」

直訳するとよくわからないですね。

 

 

「私のお客様になってください」ということから

「私はあなたをお客様のようにもてなします。尽くします」という意味を含み、

そこから、

「どうぞ(お客様のように)お気軽になさってください」

「どうぞ(お客様のように)遠慮なくお召し上がりください」

「どうぞ(お客様なのだから)お先に」

となって、

「どうぞご自由に」

「ご遠慮なく」

という意味合いで使われます。

 

相手に何か頼まれた時に、「いいですよ。どうぞご自由に」という風に使います。

ちょっと丁寧な言い方ですね。

サラッと言えるようになるといいですね。

 

例文①

「ペンを貸していただけませんか?」

「もちろん、どうぞご自由に」

Can I borrow your pen?

Of course. Be my guest.

 

例文②

「電話を使ってもいいですか?」

「はい。どうぞお使いください」

May I use your phone?

Yes. Be my guest.

 

ちなみに、相手におごってあげるときにも使います。

相手が払おうとした時に、“No please. Be my guest.”のように言います。

これ言えたらかなりスマートですね。

 

 

“Be my guest.”を“our”に変えて使うこともあります。

「あなたがいつ来ても、大歓迎です。」

Whenever you come, you will be our guest. 

 

そう言えば、ディズニーアニメの「美女と野獣」にも“Be our guest”という歌がありますね。


Beauty and the Beast - Be Our Guest [High Quality]